• ホーム
  • マイアカウント
  • お問い合わせ
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら

名前

三木

メモ

お探しののサプリメントをお届けします、お問い合わせはお気軽に。
【私達とやくじん酵素】
【酵素飲料を飲むことの大切さ】
【ピュアサラシア・ファイバーは?】
熊本地域代行 「運転代行は熊本地域代行へIDSCグループです」
【食品糖質に減肥くわ青汁】
【酵素と酵母と麹とアミノ酸】
サイトマップ
【NEXT:思ったこと】
【コンドロイチンAC+】
【アシドフィルス菌:ケフィア】
ダイエットの考え方
糖質をArekore考える
メルマガ登録・解除はこちら
日々の健康を願って送る食生活

食生活ワンポイントサプリメント


食べたい料理をお腹いっぱい食べるための ワンポインを紹介します!




タイプ別ワンポイント〜≪外食が多いんです≫
外食が多い方はミネラル:ビタミン:ミネラルバランスが完璧なようでも特に処理能力以上の脂質の摂取が多くなり肥満体の方が多いようです。
外食が悪いわけでは有りませんので気をつけるとすればカロリーを抑えることが必要です。
≪成分豊富:減肥くわ青汁≫
で充分対応は出来ますので食事をされる少し前に飲むようにされるといいですね。
特に食物繊維は全くと言ってよいほど不足しているのが現実のようです、お腹の調子を整えたりいろんな良さもありますので是非お勧めします。
タイプ別ワンポイント〜≪お酒を良く飲みます≫
率直に普段から≪遊離アミノ酸:オルニチン≫の飲用をお勧めします、オルニチンはシジミに多く含まれるアミノ酸で遊離の名のごとく体の中を回遊しながら必要な成分に変わっていく面白いアミノ酸です。勿論肝機能に良いわけですがウコンと比べると体に優しく働いてくれる成分です。検査結果にはっきりと表れると言っても過言ではありません。

タイプ別ワンポイント〜≪炭水化物が好きです≫
パンやご飯が好きな方、ライ麦パンや玄米ご飯に切り替える事がいいのですが習慣とは難しいものです、そう言う方には≪燃焼系:優美人≫です。常用が望ましいです、この商品は説明の必要が無いほどの存在ですが飲みやすい粒タイプのほうがケースでの携行も出来ますのでお勧めです。

≪一言アドバイス≫
個々に商品の紹介をしていますが、それでないとだめ、と言うわけではありません。例を挙げれば[食物繊維:難消化性デキストリン]などは血中コレステロール抑制効果の報告もあります。
ご自分の食事の習慣にそった利用は勿論ですが的を絞って考えながら自然に利用ができる、続けられる商品選びを心がけたいものです。
タイプ別ワンポイント〜≪ダイエットが苦手であきらめかけてます≫
ダイエットはその字の通り「食事を制限」することです。安易な気持ちで行うと何故いけないか、それは食べる量に気をとられ食事を減らしたりすることで必須アミノ酸やミネラルなどの補給ができず仮に痩せたとしても病的な痩せとなり、一般的に言う「やつれ痩せ」となります。
食べることは私たちの必須条件です、また運動は確かに良いことですが極端な運動での引き締めはそれを維持するために一生運動を続ける覚悟も必要です。要は日常の生活パターンに合わせながらスリムを目指すことが安心で安全なダイエットと言えます。そう言う意味でもお値段ははりますが≪ピュアサラシアファイバー≫を使った痩せるための体のベース作りをお勧めします。 その後はファイバーなどの商品を使いながらヘルスコントロールを行いましょう。
タイプ別ワンポイント〜≪ゲルマニュウム酵母とはどんなものですか?≫
当社で扱っているバイオゲルマニュウムサプリメントは美容大国韓国のゲランティ製薬蠅日本・アメリカ・韓国で特許を取得した体に優しいバイオゲルマニュウム製品です。私たちには飲むゲルマニュウムはなじみが薄いものですが、元々体には微量元素として存在し、病を治す奇跡で有名なルルドの泉もこのゲルマニュウム含有量が多いことがわかっています。免疫機能向上食品として、また石鹸などはお肌の保湿・殺菌に安心してお使いいただける製品です。 ≪バイオゲルマニュウム製品≫
タイプ別ワンポイント〜≪冷え性で困っています≫
代謝が低いと体は冷えます、逆もいえますが食事としては体を冷やす物は避けましょう。野菜でも根野菜は体を温め葉物は冷やすとも言われます。また根が真っ直ぐ伸びる物は冷やし横に伸びるものは温めるとも言われます。冷えはつらいものですが特に内臓の冷えには注意が必要です。 サラダが体にいいと沢山食べる人が居ますがそれでも冷やす野菜を沢山食べてばかりいるのはどうかと思います。酵素飲料等を利用し基本から代謝をあげる心がけが必要ではないでしょうか。 ただ時間がかかりますので根気が必要です。酵素飲料≪益救人酵素:やくじん≫
タイプ別ワンポイント〜≪消化時間には個人差がありますか?≫
ご存知でしょうが、食べるもので時間は変わってきます、食べるものの組み合わせがポイントのようです。一番解りやすい例としては【炭水化物と野菜を食べた場合は、消化におよそ3時間かかります】【お肉と野菜を食べた場合は、消化に4時間かかるのですが(ココが大切)】 【お肉と炭水化物を同時に取った場合は、消化に8時間もかかるんです。】ですので脂身の少ない肉だけを食べた場合血糖は上がりませんが炭水化物と合わせると前日の夕食の消化がまだ終わってない状況(血糖値もそこそこ高い)があって当然なんです。
タイプ別ワンポイント〜≪白いご飯が大好きです≫
日本人だけでなく米は大切な栄養源です、これからもそうでしょう。ダイエット(食事制限)では悪玉のように言われますが栄養素の補給のために食べるわけですから良い悪いのレベルではありません。ご飯が好きで食べ過ぎて・・・と言う方は前述した≪食物繊維≫がいいようです。血糖値で言いますと【白米ごはん150グラムには糖質55グラム(約37%)を含んでいます。そして糖質1グラムは血糖値を3から5上げます。つまり単純計算で165〜275上がることになります。ですのでご飯を少なくするだけで血糖値に変化が出るのは当然です。


「健康をより確かなものにIDSCの願いです」

タイプ別ワンポイント〜≪食事からのミネラルはどうすれば満たせますか?≫
ミネラルに限らず、補給にはできる限り種類を多く食べるしかありません。30種類以上は食べなさいと良く言われますが、偏った30種類にならないように献立を考えることです。 簡単なようで難しいですね。その前にミネラルとはどういうものかを再確認してみましょう。
私たちの体に自然に存在する70種類のミネラルの中でも健康維持に不可欠なミネラルを ≪必須ミネラル≫といいます、その数は60種類以上あります。 そして、その「必須ミネラル」はさらに「主要ミネラル」と「微量ミネラル」に分類できます。 主要ミネラルは7種類で「カルシウム:リン:カリウム:硫黄:塩素:ナトリウム:マグネシウムで必須ミネラル全体のの90%を占めています、残りの10%が微量ミネラルです。

「主要ミネラル」=成人の一日の所要量が100mg以上のものを言います。
「微量ミネラル」=成人の一日の所要量が100mg未満のものを言います。


自分の体内ミネラルを科学的に調べて把握する方法に≪毛髪検査≫があります(準備中)。これは不純なミネラルも解りますのでデトックスにも役に立ちます。そのほか不足ミネラルを補うための食材や献立まで個人別に送られてきますのでとても有益な検査と言えます。一般的にはサプリメントですが≪スーパーマルチビタミン&ミネラルライフパック≫をお勧めします。
タイプ別ワンポイント〜≪手っ取り早く痩せられるサプリメントは?≫
痩せるためには食べる量(カロリー)がポイントですが「現状維持を」、と言う方には ≪SサイズTea≫をお勧めします。食べる量を少しずつ減らしながらサプリメントを利用される方が痩身には有効です。
タイプ別ワンポイント〜≪お茶好きでいろんな種類を試したい≫
世界中にはその土地に育った自然の草木花をお茶にし、それぞれに効能を持ったお茶が沢山存在しています。こちら⇒≪現在調整中≫をまとめてありますのでご利用下さい。
≪以下ご質問のたび随時追加して行きます≫